このエントリーをはてなブックマークに追加

中国語の習得には

最近では日中問題がよくニュースなどでも話題になっていますが、相変わらず中国に出張に行ったり、支社とのやりとりがある方も少なくないでしょう。
しかし中国語というのは習得が難しく、語学習得も簡単ではないといわれています。
この難しさに関係しているのが声調といわれるもので、それぞれの言葉に音の高い低いがあります。
この音を間違えてしまうと、まったく言葉が通じなかったり、他の意味になって伝わってしまいますので注意が必要だといえるでしょう。
このような発音だけみてみると、難しいという印象になってしまうかもしれませんが、漢字は日中で共通のものですし、文法にかんしても複雑な変化などがないため、見方によっては非常に勉強しやすい言語ともいえるかもしれません。
ではどのように勉強するのが良いのでしょうか。
簡単な勉強で良いというのであれば、月−木(基礎)NHKのラジオやテレビなどでのレッスンでも十分勉強することができます。
しかし中国語というのは、上記にも述べているように声調言語になりますので、多く話すことが必要になります。
また仕事で使うというのであれば、職場ですでに中国語がある程度話すことができる方と話してみるというのは良いアイデアでしょう。
また単語をしっておくと会話のきっかけになったり、聞き取れるきっかけにもなりますので、自分でよく使う単語などをまとめておくと良いかもしれません。
さらに時間とある程度のお金があるのであれば、おもいきって中国に語学留学してみるというのも良い方法でしょう。
それなりの金額はかかってしまいますが、全体的にみれば欧米などと比べてかなり安く行くことができるようになっていますので、予算に限りがあっても可能です。

また出張で中国によく行くというのであれば、通訳などに頼るのではなく、積極的に中国人と話してみるというのも良い方法です。

中国には足マッサージのお店などが結構ありますが、そのようなマッサージに行くさいには、技師の方と中国語で話してみると良いでしょう。
中国語に限ったことではありませんが、新しい言語を学ぶさいには恥ずかしい思いをしてしまったり、まったく通じなくてがっかりしてしまうということは珍しくありません。
言語の習いたてであれば、間違えてしまうのは当たり前ですので、間違ってしまったら笑い飛ばせるような気持ちで話してみるというのは重要なことだといえるでしょう。
言語習得は簡単ではありませんが、続けていくことが重要です。